厳選!車の売却おすすめ業者

HOME > 車の売却について > 車を売却する前に修理しておく方が良いのか

車を売却する前に修理しておく方が良いのか

 車を高く売りたい時は、修理が検討されるケースがあります。
特にダメージを受けている車は、その傾向が顕著です。
そもそも車は、必ずしもきれいな状態であるとは限りません。
たまたま車がどこかに衝突してしまい、一部分に傷が付いてしまう事もあります。
現にバンパー部分などは、破損してしまうケースもよくあります。
ところで他のお店や業者は、車の状態も確認しています。
車の一部が破損しているかどうかも、慎重に確認しています。
破損していれば、万が一のトラブルも起こり得るからです。
このため車の査定を受ける前に、修理しておく方が良いという発想が浮上する事もあります。
修理すれば車の状態も良くなりますから、査定額も高くなると見込まれるからです。
確かに売却額は高めになる傾向はありますが、修理しない方が望ましいです。

 専門業者に車の修理を行ってもらうなら、お金はかかります。
自力で修理する事も可能ではありますが、かなり手間がかかりますし、専門業者に依頼するのが一般的です。
では業者による修理代金はどれぐらいになるかというと、場所次第です。
ドアなどのパーツは、3万円から10万円ぐらいになる傾向があります。
ドアの一部に傷が付いていて、簡単な補修作業を行う程度であれば、3万円ぐらいで済むケースが多いです。
しかしドアが派手に破損していて、交換しなければ対応できないような状態ですと、10万円ぐらいになる傾向があります。
エンジンなどは、修理代金はかなり高めになります。
エンジンは車の心臓部分と表現される事もありますが、それだけに修理代金も50万円ぐらいになるケースが多いです。
バンパーであれば、20万円目安になります。

 上記のような修理を行えば、確かに車の状態は良くなります。
それに注目して、査定前の修理を検討している方も少なくありませんが、それは赤字になってしまうケースが多いです。
例えば車の修理を行った結果、査定額は8万円ほど高くなるとします。
ところがバンパーに対する修理ですと、上記のように10万円以上になってしまう訳です。
差し引き2万円分の赤字になってしまいますから、修理しない方が良いでしょう。
ましてエンジン部分に対する修理ですと、50万円台になってしまいます。
そこまで査定額が高くなるケースは、殆どありません。
ですから車がダメージを受けていたとしても、そのままの状態で査定を受けるのが無難です。
現にお店としても、修理せずに査定を受けて欲しいと公式サイトに明示していますし、そのままの状態で売る方が良いでしょう。

カテゴリー

▲ ページトップへ