厳選!車の売却おすすめ業者

HOME > 車の売却について > なぜ査定を受ける前に車を洗っておくと良いか

なぜ査定を受ける前に車を洗っておくと良いか

 物を買い取っているお店は、来店客のマナーを観察している事も多いです。
それだけにお店に物を売却する時は、マナーは要注意です。
それは買取額にも影響を及ぼすからです。
というのも車の買取店では、金額交渉が行われる事もよくあります。
例えば買取店の担当者は、24万円という査定額を提示してきました。
しかし車の売り手としては、24万円では少々不満です。
28万円で売れると予想していたからです。
その際、28万円にして欲しいと交渉すれば、お店は28万円などで買い取ってくれる事もあります。
交渉してみれば、価格が引き上げられる事もある訳です。
ただ交渉が成功するか否かは、マナーに左右される一面もあります。
マナーがあまり良くないと、金額引き上げを断られてしまう可能性もありますから、お店に対するマナーは大切です。

 ところで車の査定を受ける前に、人によっては丁寧に洗車をしています。
なぜなら査定の際に、車の見た目を重視される可能性もあるからです。
車に清潔感がある方が査定額も高くなると見込んで、洗車を頑張っている方も少なくありません。
実際には、洗車したからと言って車の価値が大幅に高まる訳ではあります。
多少価値が高くなるものの、極端に車の評価が高まるケースはほぼありません。
それを考慮すると、あえて洗車せずに査定を受ける選択肢もあります。
そもそも洗車するのは、お店のショップでもできます。
ショップとしては、来店客から買い取った車を整備して、改めて販売している訳です。
その際に洗車も行いますから、査定する前にわざわざ車を洗う必要が無いという声もあります。
しかし売却額を高くしたいなら、洗車しておく方が無難です。

 冒頭でも触れた通り、お店は来店客のマナーなどをよく観察しています。
お店の担当者は、車の査定額を「印象」で決めている事も少なくありません。
印象が良い来店客の場合は、価格交渉に応じてくれやすくなります。
では、どうすればお店に対する印象が良くなるかというと、上記の洗車です。
確かに洗車した程度で、車の価値が大幅に高まる訳ではありません。
しかし洗車しておきますと、お店に対する印象は良くなる傾向があります。
丁寧に使い込まれた雰囲気が感じられると、お店としても高く評価してくれる訳です。
評価が高まると、お店との価格交渉もやりやすくなります。
価格も引き上げられやすくなりますし、丁寧に洗車しておくに越した事はありません。
ただし、あまり強い力を入れて洗車するのは禁物です。
車に傷が付いてしまえば、売却額が低くなってしまう可能性もあるからです。

カテゴリー

▲ ページトップへ